社会保険・労働保険の申告手続き

 

社会保険の算定基礎届

社会保険(健康保険・厚生年金)の保険料は、社会保険に加入したときの給料の額をもとに決定します。

決定した社会保険料は、給料の額が大幅に変わらない限り毎月同額となりますが、毎年1回見直しをおこないます。そのために必要な届出が算定基礎届です。

 

労働保険の年度更新

労働保険(労災保険・雇用保険)の保険料は、毎年4月1日から翌年3月31日までの1年間(保険年度)ごとに、1年分の保険料をおおよその見込み額(概算保険料)で前払いします。

そして、保険年度終了後に、実際に支払った賃金総額をもとに正しい保険料(確定保険料)で精算することになります。この手続(労働保険の年度更新)を毎年繰り返します。

 

 

 

労働保険の年度更新は6月~7月、社会保険の算定基礎届は7月におこないます。時期が重なるため、早めの準備が必要です。 

「なかなかまとまった時間が取れない」「めんどうだから外注したい」「この時期だけは社会保険労務士を活用してみたい」等とお考えの場合にはお気軽にご利用ください。 

 

 

 

  

 

                                               

 

                              

                       このページのトップへ

 

 

社会保険労務士吉川事務所 TEL:03-6909-7179